やどかりの足あと

日々の気づき・課題を解決したこと。分析したことなど書いてます。ジャンルは絞ってない雑記ブログです。

生産者と消費者に関して

世の中には生産者消費者に分かれると思う。

生産者は世の中に何かを生み出して、消費者に消費してもらう。
一方、消費者は生産者の生み出したものを消費する。

常にこの2つは対になっている。
世の中、消費者が圧倒的に多い。サラリーマンも何か作る仕事をしているとしても、消費者。
経営者が作った仕事を消化しているにすぎないのだから。

人生を豊かにするためには生産者側に回らないといけない。
生産者は消費者でもある。しかし、何かを生産するための材料を集めているのだ。
この違いは大きいと思う。

消費者だけの人は何も蓄積しない。
だから僕は弱小でも生産者側に回りたい。

別に月収1000万とかそういうものを求めているわけじゃない。
生産者に回って15万でも20万でも生活しているだけのお金が得られればそれが自分にとっての成功だ。
目立つ人はそりゃ月収1000万くらいもらってるかもしれないけど。
そんなのは極一部。特別な才能を持っている人だけだ。

別に1位を目指す必要はない。上位10000位くらいだっていい。
そんくらいなら誰だって努力すればなれるんじゃないか?

何者にもなれない自分だと思うけど、自ら何かを発してそれを消費してもらう。
そういう訓練が必要だ。今後はそういうことに時間を費やしていきたい。