やどかりの足あと

日々の気づき・課題を解決したこと。分析したことなど書いてます。ジャンルは絞ってない雑記ブログです。

【図解&実践編】これまでの心理・脳と目標実現の記事のまとめ

f:id:blogmaiking1981:20180323194741j:plain

 

こんにちはやどかりです。

これまで思考や脳の仕組み、それと目標を実現するための書評・考察をしてきました。(10記事)

それらを俯瞰してよりコンパクトにまとめました。

 

※この文章はあくまでも読んだ書籍の内容が真実だという前提に基づきまとめています。

(ようするにまだ仮説段階)

真実であるかどうかはこれから実践をしていく上で明らかにしていきます。

信じるか信じないかはあなた次第です。

 

■今回まとめた記事

今回は全体感を把握するために詳細部分は外しています。

詳細は以下の記事を見てください。


 【図説】思考とは何か??思考の仕組み。 - やどかりの足あと

目標はルーチンワークで実現する。 - やどかりの足あと

【図説】思考とは何か??思考の仕組み⓶ - やどかりの足あと

【図説】なぜダイエットは成功しないのか?欲求の仕組み - やどかりの足あと

【書評】本がいままでの10倍速く読める法 - やどかりの足あと

【書評】脳をいままでの10倍よく働かせる法 - やどかりの足あと

【書評】記憶力がいままでの10倍よくなる法 - やどかりの足あと

【書評】男30代「人生設計」32の知恵 - やどかりの足あと

【実践】10倍良くなる本&32の知恵の実践編 - やどかりの足あと

【書評】まずは親を超えなさい(アファメーションの使い方) - やどかりの足あと

 

 

 ■【図解】アファメーションにより未来の記憶で世界を見る

f:id:blogmaiking1981:20180323180802p:plain

 

■目標の立て方

まず目標を立てるのですが、目標は現状で達成できるものではなく、

現状では荒唐無稽に思えるレベルの目標を立てます

荒唐無稽だからこそ、現状ではありえない発想や知恵が出てくるようになります。

 

例えば

年収が400万円くらいの人だったら年収1億円レベルの目標を立てることです。

目標も1つではなく10個ほどの目標を立ててしまいます。

そして、その目標が達成した世界はどのような世界なのかリアルにイメージできるようにします。

 

■未来の自分に同化する。未来の記憶を作り臨場感を高める

人は物理世界をそのまま見ているのではなく、

あくまでも変性意識を通して見ています。

 

なので、

「過去で培ってきた変成意識を通して見ている世界」と

「未来の記憶を構築した変成意識を通して見ている世界」

は大差がないということです。

 

ここがちょっと理解しにくいかもしれません。

 

例えば

マトリックスという映画がありますが、

現実と思っていた世界は脳に情報を送り込んで見えていた世界というお話でした。

現実と思っていた世界が実は仮想空間の世界だったということですね。

マトリックスという映画自体が認知科学に基づいて作られた映画だそうです。

 

もう一つ例をあげましょう。

過去に人に裏切られることが多かった人は、疑心暗鬼になって、

「人は残酷な存在だという世界」に住んでいるかもしれません。

しかし多くの人に愛されて育ってきた人は、

「人はとても親切で愛しい存在だという世界」に住んでいるでしょう。

 

物理的には同じ世界ですが、人の過去の記憶によってものの見え方は大きく変わってくるのです。 

 

今あなたが認識している世界はあくまでもこれまでの親の教育や自分で感じ取ってきた情動記憶で形成された変成意識を通して見ているということです。

 

 

人は記憶を通して世界を見ているということはご理解いただけたでしょうか。

(ちょっとわかりにくい?)

 

アファメーションで臨場感をキープする。

ここで話を戻しましょう。

目標を立てて、「その目標は達成している」未来の記憶を作ります。

 

例えば年収1億円の時はどんな仕事をしているのか、どんな場所で住んでいて、

自分はどんなセルフイメージを持っているのか。家族はどうなっていて、

自分はどういう生活をしているのか。どういう感情を持っているのか。

リアルに感じ取れるようにしましょう。

 

人の記憶はだんだん薄れていくので、こういったことをまとめて文書化しておきます。

それを1日2回は読んで世界を見つめるようにすることで臨場感をキープし続けます。

このことをアファメーションと呼びます

 

変成意識はリアルに感じる方を選択します。

そしてリアルに感じるその意識で情報が見えるようになります。

 

そしてもし今の現状リアルに感じている世界とのズレが生じている場合、

心はリアルに感じている世界に秩序を戻そうと働き出します。

これがモチベーションの原理です。

 

 

実際に僕がアファメーションしたことで見えてきたことですが

・この地域に住んで半年になるがかなり近くに図書館があることを知った

 (情報を大量に吸収してアウトプットが必要だと認識した)

・コンビニ弁当ではなく料理をするようになった。野菜などの価格が気になるようになった。(目標の自分は健康的な食事が必要だと認識)

twitteramazongoogle,microsoftのCEOのフォローをした

 (英語圏の最新の情報にアンテナを張ること、洞察力の鋭い人の意見を聞く必要がああると認識)

 

など実際に情報の見え方に変化が出てきています。

 

もう一つ大事なことはアファメーションは誰にも見せないことです。

(今回は例として一部見せてしてしまっていますが。。)

 

目標は荒唐無稽なので「そんなの無理だよ」とか「できるわけないじゃん」

というドリームキラーが必ず発生します。

ドリームキラーの言葉を受け入れてしまうと、臨場感は下がって、

ドリームキラーの作った変成意識に引っ張られてしまいます。

アファメーションは自分の心の中だけに大切にしまっておきましょう。

また仮にドリームキラーに遭遇してもその意見を取り込まないように注意してください。

 

■【図解】未来の記憶で見えてきた必要な能力

f:id:blogmaiking1981:20180323180819p:plain

 

■目標を達成したときは何に情熱を持っているのか。テーマは?ギブギブギブ&テイク

きっかけは年収1億円という荒唐無稽な目標で立てたのですが、

それを達成している自分はおそらくお金を目的に生きていないと思いました。何を目的に情熱を燃やしているのかと想像したところ、

ギブギブギブ&テイクの知恵から

「今の日本を元気にしている」というイメージが湧きました。

年収一億円なら日本単位で大きな貢献をしているはずだと思ったのです。

ということで「日本を元気にしている」というテーマになりました。

 

■目標を達成しているときの能力の共通点

共通性連鎖の知恵を使い。以下の3つに集中させることにしました。

・大量の情報処理(インプット→アウトプットをすること。)

 目標を達成している自分を想像したとき、1日の読書量や情報収集は半端ないなと思いました。読書や新聞、などベースとなる知識も必要ですし、それを運用する必要があります。なので、いかにして情報を効率よく脳レベルの処理に着目して能力を上げていく必要があります。最近読んだ、記憶術や速読もその一環になります。

このブログもインプット→アウトプットのくりかえしなので、良い訓練になると思います。たくさん本を読んで読者にわかりやすくアウトプットできるように訓練

 

・未来の波を見極める知識と洞察力を鍛える

大きな収入を得るには何ごともその分野の先駆者になることが必要です。「初」と「小」のときから5年後ピークになることを見抜いて適切に仕込む必要があります。

 

・流行廃りを普段からウォッチすること。

・洞察力の高い天才などの意見を参考にする。(過去にビルゲイツの予想した意見はかなり的中している)

・そのパターンはどんなものかを知っている状態にする。

・未来学という分野もあるのでその分野の知識も身につける。

・論理的な思考も必要。

 

・具体的な管理(数値と固有名詞で管理)

自分の能力を着実に伸ばすにはなにごとも明確にした方が良いです。

あらゆる能力を数値化して、能力をより効率的に伸ばす指標にすると良いでしょう。

 

 ■まとめ

これまでの知識や知恵を濃縮して一枚にして、どのように実践していくのかをまとめました。俯瞰をしてどういう原理が掴めてきている気がします。

著者が違えど、共通した意見もあり、パズルのように一枚の絵にすることができて興味深いです。

この知識が実際に正しいかどうかは今後実践をしていくことで明らかにしていきたいと思います。